コロラドロッキーズ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 ウェブサイトを正しく表示するにはJavascriptが必要です。 ブラウザの設定をオンにしてからページをリロードしてください。 立命館大学 BeyondBorders BACK TO TOP --> toggle menu Home Episodes Movies --> Language Japanese English Link 立命館大学 006 エスコート型リハビリロボット開発。 理工学部 ロボディクス学科教授 永井 清 長生きできる社会ではなく、 長生きしたくなる社会に。 日本は高齢化社会ではなく、超高齢化社会を迎える。 脳卒中がますます増加すると予測されるにもかかわらず、 リハビリ医や理学療法士などの数は十分とはいえない。 そこで期待されているのが、リハビリロボット。 中でも、現在英国研究者と共同開発中のこのロボットは、 脳信号をキャッチし、ロボットの動きをアシスト。 その動きが脳にフィードバックされ、リハビリ効果が高まる。 しかし、技術の開発と現場の満足とは別物。 「ロボット開発の仕事は、技術開発ではなく、ソリューション。」 そう語る永井は、介護の現場で動きを一日中観察することもある。 介護する方も、される方も快適な社会をつくるために。 PREV NEXT 立命館大学 Facebook YouTube © Ritsumeikan University, All Rights Reserved.

賭け条件 メジャーサッカー テニス のスポーツベット(賭け)・オッズ一覧 ゴールドラッシュカジノで様々な人気ゲームをプレイ! 2024年
Copyright ©コロラドロッキーズ The Paper All rights reserved.